東京慈恵会医科大学と我が母校となった東京女子医科大学

東京女子医科大学での学びが必要と感じて

東京女子医科大学の教育方針は、さらに私の心を揺れ動かすものであったためです。
この医大では自分自身の能力を磨きあげていくこと、医学の知識と技術を習得押して、至誠と愛のあるお医者さんを育成するという方針があったためです。
私はお医者さんである父を見てきて、お医者さんとはつくづく、愛情が必要な職業だと感じていました。
父の人生はお医者さんとして、既に長い時間を過ごしていますし、それは私には憧れ、そして尊敬の対象でした。
生涯に亘って学習しうる医学の基礎を学び、やがて社会に貢献できるお医者さんになるには、私には東京女子医科大学での学びが必要と感じて、この大学が今では母校となったわけです。

医学部に進学をすることを考えていた東京慈恵会医科大学と東京女子医科大学東京女子医科大学での学びが必要と感じて